GREEN WISE

FUTURE NOW

TOPICS

GREEN FORUM 2010

グリーン・ワイズが6 月3日本社事業所にて、自然共生社会の実現を考え、体験する五感体験型フォーラム「GREEN FORUM 2010」を開催しました。

title100603

今年創業105年を機に新しく開発した、これからの時代のモデルガーデンを初公開しました。緑を有効活用した施設を巡りながら自然の魅力を五感で楽しむ「グリーンアクティビティ」体験ツアーで、身近な自然の新しい楽しみ方をご紹介。また、同時開催の環境智セミナーでは、環境保全や生物多様性保全の第一人者である2人の講師をお迎えして『企業と生物多様性 ~生物多様性マーケティングの登場』をテーマに、今、企業活動に必要な「生物多様性マーケティング」についての議論を深めました。その他、野菜ソムリエによるミニワークショップや野菜のミニ収穫体験、温室での珍しい植物のご紹介など楽しい企画を盛り込みました。

モデルガーデンは、人がただ眺めるだけでなく、自然の持つ魅力や機能を利用して楽しむための五感体験型の庭です。そして、環境や生物多様性の保全にも対応した有機栽培による自然循環型のエディブルランドスケープ(食べられる景観)です。

温室では、通常では手に入りにくい珍しい植物を数多く育てています。今回は、木の幹に実がなる「ジャボチカバ」をご紹介しました。

オフィス空間は個性的な花や緑で満たされ、創造性を刺激する空間になっています。一人ひとりのパーソナルグリーンや室内壁面緑化など、遊び心溢れるワークスペースです。

テラスでは、屋上農園用のプランター「ユニットファーム」で採れる有機野菜の収穫や栽培をご紹介しました。キャスター付きで自由に動くプランターは、工事不要でどこでもカンタンに設置ができます。また、芝の緑化に替わる「グラスガーデン」は管理費が低く抑えられ、そのナチュラルな景観は見た目にも美しく、心が癒されます。

プレスリリースはこちら