GREEN WISE

FUTURE NOW

ARCHIVE

玉川髙島屋S・C

グリーン・ワイズは、昭和44年玉川髙島屋S・Cの開業以来、緑地の新設及び管理を行ってきました。現在では日本を代表するS・Cとなった玉川髙島屋S・Cの緑地は、美観と安全性・快適性を高いレベルで実現することが常に求められています。グリーン・ワイズは、長期にわたって蓄積した技術と知識を活かし、その実現に努めてきました。また日本では最初期にあたる昭和50年に施工した人口軽量土を用いた本格的な屋上緑化(本館屋上)、平成6年に完成した大規模な壁面緑化(西館外壁)等、最新の技術の導入にもいち早く取り組んできました。近年も、建築家の隈研吾氏がデザインしたグリーンイーブスと呼ばれる緑化の庇(マロニエコート)の施工や、竣工から40年以上が経過した屋上緑化の大規模な改修した芝生の丘広場(本館屋上リニューアル)、ファサード全面270㎡を緑化し、竣工当初から緑の壁を出現させる(アイビーズプレイス)等、新たなチャレンジを続けています。さらに、緑化技術面のみにとどまらずお客様にみどりにより親しみと関心を持っていただく取組みとして、植物や生物に詳しいスタッフによるミニネイチャー教室「親子自然散策ツアー」を年7回開催し、来館者に屋上庭園の魅力と身近な自然を楽しんでいただいています。毎回季節に沿ったテーマで自然の魅力を再発見でき、お子さまとのふれあいの場としてもご好評いただいています。

最近の見ごろ、見どころ

認証、受賞

社会・環境貢献緑地SEGES(シージェス)個別部門「都市のオアシス」
~緑豊かで人々が憩い安らぐ空間~認定